宮林康 ランキング!

【4K】北陸新幹線と立山連峰【富山】

2015年1月14日撮影。 富山県を代表する景色、立山連峰と北陸新幹線を4K画質で撮影しました。 撮影・編集:こっそり支援(inoue1024) ...

バースデイ モーグル伊藤みき part 2

再生リスト ゲーム実況 http://www.youtube.com/playlist?list=PLZzNFaXNvU8rXOc1Ewy... 神対応 ...

キャンギャル&コンパニオン Alpine 東京モーターショー2015 Tokyo Motor Show

グレイズ公式サイト http://www.glayz.co.jp/

ゲーム動画ランキング
ここを友達に教える
アニメ動画ランキング

宮林康 ランキング!

宮林康 北陸本線 直江津~富山 [DVD]

北陸本線の展望映像は数あれど、普通列車のDVDはこれとエスエスの「運転席展望ファイル」の北陸本線の巻くらいかなぁ。エスエス版は富山→直江津、それも雨の前面展望だったので、ビコムさんが好天を狙って撮影してくれたのは嬉しい限り(^O^)旅のお供をするのは、北陸新幹線開業まで余命いくばくもない475系。懐かしい〜!小生も通学の時は大変お世話になりました。撮影車両がクハ455なので、MT46モーター音&抵抗制御の轟音が聞けないのは残念(^_^;)さてさて、北陸本線のこの区間、もちろん見所満載なのだが、やっぱりトンネル地底駅の筒石駅、親不知の風光明媚な絶景でしょう。長大トンネルもこれまた多い(>_<)時に眠気を誘う事も……(笑)さすがビコムさん。作品の作り方は完璧で安心して見ていられます。運転士の注意喚呼・車内放送もバッチリ収録♪富山平野に来ると、富山地方鉄道が平行して最後まであきさせません。小生みたいに475系に特別な思いのある人、そうでない人も楽しめるもオススメの一枚。去りゆく475系にエールを送りつつ、秋の北陸路を旅して下さい。絶対損はしません(^O^) 北陸本線 直江津~富山 [DVD] 関連情報

宮林康 立山連峰

立山連峰・・・・・素晴らしい作品で 感激しております。作曲の聖川先生とは 時々 お会いして お話させていただいております。 立山連峰 関連情報

宮林康 みんなのうた + α (初回生産限定盤)

 一言でいうとエグい! でも人生ってこんなもんだよな。きっと。 振り返ってもどうしようもない道を歩き続けるしかないんだよな。 なさそうでいて、実はありふれた物語がリアルに語られる。 こんな名盤に巡り会えたことは幸せだ。 なかなかメジャーにはならないだろうアーティスト。 なぜなら、お昼やゴールデンタイムに、TVやラジオなど主要なマスメディアにオンエアされないだろうから。流すと問い合わせも苦情も殺到しそうだ。 ほんと曲調はシンプル。 語りかけるようにゆったりとしたフォーク調の音に乗せて、詩が淡々と綴られる。だが、その内容がどぎつい。 人生の隙間を、アームブロックをすりぬけてえぐるようなアッパーカット。そんな歌がずっと並ぶ。 それでいて、ナレーションがとぼけすぎる。相当にダークなのに、くすっと微笑まずにはいられない。 こんなに計算しつくされていいのか。 トラック7は特に変! えつこママがんばれっ。 『馬鹿兄弟』『雄と雌の日々』『ユミコ』は、心の奥にぐさりと刺さる。 だがこれに輪をかけて、最後の『私には星が見える』は心底きつい。 俺なんか見るなって、お前っ! 何考えてんだよ! 莫迦野郎。もっと恋を探せよ、お願いだ…幸せ見つけろよ! そう、ほんとうに心底つっこみたくなる。 原点にあるのは、江戸前の気風の良さ? ナニワの根性? ちょっと違う気がする…誰もが持っている人としての優しさといったところか。 私たちが心の奥底に秘めている、懐かしい暖かさを感じさせてくれる貴重な1枚だ。 みんなのうた + α (初回生産限定盤) 関連情報

宮林康 謎の村雨くん 1 (ジャンプコミックス)

発想、画力、演出、構図、キャラクターの心の動きを遺憾なく描き出してみせる筆力、擦れ一つなく、ミリ単位で緻密に描きこまれたカケアミに代表される恐ろしく丁寧な画面処理。どれをとっても、作者の地力を感じさせる出来である。しかし悲しいかな、各エピソードの出来自体は悪く無いのに、肝心の構成とつなぎの展開が冗長・ちぐはぐなせいで、全てが空回りしてしまっている。連載化で加えた新設定が、読切でのテンポと爽快感が殺される方向に働いてしまったのもマイナス。結果、主人公が自由に動くことの出来ない状況のまま22週をかけてなぶられ続ける羽目になったのだから、作者の苦悩察して知るべし。第1話の「父親の呪縛の鎖に縛られる主人公」の図が、如実にこの作品を現している。とどめに来るのが空間恐怖症のネーム版というべきか、「説明不足でした」とのコメントを残した前作の失敗を未だ引きずっているかのような、強迫観念すら感じさせる膨大なセリフ量と、ことごとく外した悪役のデザイン。この作者、短い尺で丁寧に伏線を張り物語を盛りたてるのはやたら上手いのに、なぜ長尺ではこうもグダグダな話作りしか出来なくなるのだろうか…。どれも打ち合わせ次第でどうにかなりそうなレベルの問題だけに、何故編集も作者の迷走を止めてやらなかったのか。文句ばかり書き連ねたが、6話のアクションはなかなかの圧巻。作者の初期短編作品に見られたような奇想天外な秘密兵器が好きな人なら、読んで損は無いだろう。また、この巻に登場する学園サイドの登場人物も、「ノルマンディ秘密倶楽部」の作者らしく、皆好感が持てるキャラクターに仕上がっている。また、本巻には収録されていないが、読切版「謎の村雨くん」は、作者の地力と持ち味が遺憾なく発揮された秀作であった。単行本3巻には収録されるであろうから、機会があれば是非目を通して欲しい。細部に至るまで入念に作り込まれた、執念のエンタティメント作品である。 謎の村雨くん 1 (ジャンプコミックス) 関連情報

宮林康 北アルプス立山連峰 5年保存水 500ml×24本

保存用の水は2リットルが多く、リュックに入れると持ち上げられませんでした。なのでこのサイズを購入しました。使い勝手が良いので満足しています。 北アルプス立山連峰 5年保存水 500ml×24本 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
ギャルランキング