ゲームランキング

ダービー グッズ

ダービー Introducing the Hardline...

87年リリースのデビューアルバムにして、彼の最高傑作。自分と誕生日が一緒ということもあり、割とリアルタイムでの思い入れも強く熱心に聴き込んだアルバムだったのだが、2nd以降の方向性には正直違和感があって長い事聴いてなかったのだが久しぶりに聴いてみたらすごく良かった。2nd以降と何が違うのかというと、要はセルフプロデュースか否か、という点である。このアルバムを聴けばよく分かるが、すごいボーカリストだし、ソングライターである。でもプロデュース面に関しては…という。だから彼が常にプリンスを意識してああいう風になりたいと思ってたのはよく知られているが、結局プリンスにはなれなかった。「お客さんの満足度」を軽視しないプリンスは実は稀代の「エンターテイナー」だとも言えるし、TTDはポピュラリティよりも自分が納得出来るかどうかに重きを置いている分職人気質のアーティストだとも言える。で、この1stだがUKトップ10入りした"If You Let Me Stay"や全米1位になった"Wishing Well"を聴けば分かる通り、基本「昔のソウルを現代風に洗練されたアレンジで」というアプローチになっている。で、この作品のプロデュースを担当しているのが初期Human LeagueのメンバーだったMartin Wareおよびその相棒のGlenn CregoryことHeaven 17のメンバーである。彼らは別名プロジェクトのB.E.Fでティナ・ターナー復活のきっかけを作ったりしているのだが(彼らのプロデュースした"Let's Stay Together"がヒット)、元々は筋金入りのボウイチルドレンで。案の定ティナにボウイの"1984"(『ダイアモンドの』収録のボウイ流ブルーアイドソウルの代名詞的な曲)を歌わせたり、元アソシエイツの故Billy MackenzieにもB.E.Fのアルバムで"Secret Life Of Arabia"を歌わせたりしている。手法としてはエレポップ、だがソウル・クラシック的な感触を持たせるために打ち込みではなくバンド的なノリを重視したアレンジ、お手本になるのは"シン・ホワイト・デューク"期のD・ボウイ…と。だから、このアルバムは確かにアメリカ出身の黒人アーティストの作品ではあるのだけど、そのサウンドがむしろUKのブルーアイドソウル(同時期のスタイルカウンシルやブロウモンキーズ、ジョージ・マイケル等)に似た湿り気とノスタルジアを感じさせるのはその辺に理由がある。このやり方はすごくうまいやり方で、トレバー・ホーンがSealをプロデュースして大成功させたり、といった形で継承されたりしている。この人がもし自分の器を冷静に客観的に見極めて、プロデュースを腕のいい白人に任せる謙虚さを持ち合わせていたら、2nd以降もこのクオリティを維持出来たかも…いや、「一期一会だからこそ獲得できた特別な輝き」という形容の方がこの名盤にはふさわしい。 Introducing the Hardline... 関連情報

ダービー

もう無くなってしまったと思ってました。昔 とっても便利に使っていました。ホームセンターにないので 買えないと思ってました。最近TV津通販で売っている商品が ちょっと心配だったので 探してみたら売ってた。良かった。使い慣れてた物が まだ売ってて。。。。色が もっとカラフルになれば もっと売れると思う。というか もう少し 色 考えてほしいなあ。本当に便利でいいのに。。。 関連情報

ダービー WinningPost 6 with パワーアップキット

コーエー製品のパワーアップキットは、データを追加するだけにとどまらず、ゲームバランスが改善されています。なので、これからウィニングポスト6をやる方は、はじめからこの同梱版を買ってしまうほうがよいでしょう。ゲームの詳細はそれぞれのページをご覧あれ。 WinningPost 6 with パワーアップキット 関連情報

ダービー ブラントンブラック 750ml

アイスを入れたり、トニックウォーターを入れて飲むより、素材の香りや味を楽しむなら、ストレートをお試しください。個人的には原酒タイプよりもブラックがおススメです。(ブラックはアルコール度数が40%と低めです) ブラントンブラック 750ml 関連情報

ダービー じゅうたんタービー 332359

昔、フクバホーキーを長く愛用していました。不精者なので日々はこれを使い、週に2回くらいは掃除機を使っていました。その後フクバホーキーも店頭から姿を消し、ネットでこれを見つけて迷わず購入しました。電動式のなんとかス○ーパーなども使いましたが、深夜には音が出るので気がひけていました。このじゅうたんタービーなら深夜でも隣の部屋に気兼ねせずいつでも使用できますし、カーペットや畳、フローリングでも十分すぎるほど埃やごみを取ってくれます。なによりも「24時間いつでも気兼ねせず使える」というメリットはほかには代えがたいメリットです。シンプル・イズ・ベストを実感させてくれる商品だと思います。掃除が苦手な不精者の私でも毎日気軽に使えます。 じゅうたんタービー 332359 関連情報


Loading...


ここを友達に教える